本格派の歴史ストラテジー【PCゲームレビュー】Europa Universalis IV

Europa Universalis IVは一言でいうとこんなゲーム

本格的な歴史ストラテジーのゲームです。

中世~近世の時代で、周辺国に侵攻をしながら自分の帝国を拡大します。

似たようなゲームに「Sid Meier’s Civilization VI」や「信長の野望」があります。

他ストラテジー系のゲームはこのブログでも複数レビューしていますので、興味があればご覧ください。

Europa Universalis IVのゲーム概要

基本情報

タイトル:Europa Universalis IV(ユーロピア ユニバーサルズ 4)

開発元:Paradox Interactive

リリース日:2013年8月13日

ジャンル:戦略、シミュレーション、歴史、ストラテジー、外交

プラットフォーム:Windows PC、Mac

値段:3,980円(STEAM版)

公式サイト:https://store.steampowered.com/app/236850/Europa_Universalis_IV/

STEAMより

Paradox Development Studioが、数々の受賞暦を持つEuropa Universalisの第四弾と共に戻ってきました。帝国を築いていく歴史シミュレーションゲームEuropa Universalis IVでは、世界を支配する帝国を作り上げるため、プレイヤーは歴史を通じてひとつの国を操作することになります。他に例を見ないほどの自由、奥深さ、そして正確に再現された歴史イベントを通じて、何世紀にも渡りあなたの国を統治していきましょう。豊かな戦略と戦術の奥深さに満ちたこの壮大なゲームの中では、本当の探検、貿易、戦争、外交をリアルに体験できます。

https://store.steampowered.com/app/236850/Europa_Universalis_IV/

Europa Universalis IVのゲームの流れ

スタート画面

まずは日本語化から始めよう

ゲームの流れを解説する前にこのゲームは日本語化されていません。

英語が苦手な人は最初に日本語化MODを入れる事をおススメします。

参考サイト https://paradoxian-japan-mod.com/

日本語化MODはSTEAM版のみに対応しているようです。ご注意ください。

MOD導入後

最初にゲームを起動したらまずチュートリアルを完了しましょう。

初心者の内はゲームスタート前にオプションで難易度を「非常に簡単」を選択する事をおすすめします。

オプションで難易度の変更ができるぞ!

次に時代と国家を選択します。基本的に好きな国家を選ぶ形で問題ありません。

筆者のおすすめは1444年のオスマンです。オスマンは史実上の強国でもありますので、初心者の人にもプレイしやすいと思います。

このゲームに特別な勝利条件はなく、プレイヤーが目標を決めてプレイすることになります。(ゲーム内での達成目標やスコアは存在します。)

ゲームがスタートしたら、ゲームスピードを一旦ストップして周辺国をチェックしましょう。このゲームでは国家の大きさが重要になります。特に大国が隣接している場合には、早期に同盟を締結するか、攻め込まれないように友好度を上げておく必要があります。

周囲の様子を確認しよう!

あきらかに自国より弱そうな国が隣接している場合は戦争を仕掛けてもいいかもしれません。

ここで注意して欲しいことは相手国の同盟相手です。攻め込む国が小国でも、バックに大国が付いている可能性があります。

自国が小さい状態で大国と戦うのはおススメできません。

戦争の敗北に繋がりやすいので、攻める国の同盟国はしっかり確認しましょう。

その他にも君主力を使い統治、外交、軍事、の技術レベルを上げたり宗教や貿易などを駆使して国力を強化していくと良いでしょう。

国を強化しよう!

Europa Universalis IVのおすすめのポイント/面白いポイント

繰り返す事で上達していく楽しさ!

初めは分からない内に周辺国から攻め込まれて滅ぼされたり、何故か財政が破綻したり、いろいろ覚える事が多く難しいゲームです。その中で、何度も試行錯誤を繰り返し、自分で設定した目標を達成した時には他のゲームでは味わえない達成感があります。まずは世界でナンバーワンの国作りを目指してみてはいかがでしょうか?

MODでのカスタマイズもできる!

Europa Universalis IVにはMODの数も豊富です。MODの中にはゲームの内容をガラリと変えるものがあったり、UI、BGM、イベント絵、追加など痒いところに手がとどくようなものも多いです。プレイに慣れて来ると、良いところや悪い所が見えてきます。そんな時にゲーム体験を変えるエッセンスとして利用するものよいでしょう。

DLCも豊富に提供されている

Europa Universalis IVは提供されているDLC(17本)が多く長時間遊ぶことが出来ます。

本体だけでも十分に面白いですが、個人的におすすめするDLCを書いておきます。

1.El Dorado

自動探検機能によって広大なマップを手動でいちいち探索する必要がなくなり楽です。オリジナル国家を作成可能

2.Rights of Man

世界上位8ヶ国に様々な恩恵を与える列強システム追加

君主や将軍に個性が追加されたり王妃が登場してより戦略的になります

Europa Universalis IVの イマイチなポイント

覚える事が多くちょっと初心者には敷居が高く感じられます。デフォルトで日本語がないところもイマイチなポイントでしょう。

また、DLCを全部買うと2万5千円以上の値段になっています。ただ最初は本体を遊んで飽きた頃にセールで安くなったDLCを買い足していくのが良いと思います。

まとめ

昔から人気のある作品です。気になる人はぜひお試しください!

管理人

ほかストラテジー系のゲームはこちらでも紹介していますので、興味があればご覧ください。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です