簡単操作で敵を倒すローグライトアクション!【PCゲームレビュー】メタリックチャイルド

メタリックチャイルドは一言でいうとこんなゲーム

メタリックチャイルド 』は自動生成されるステージを駆け回る、ローグライトアクションです。

プレイヤーはアンドロイド少女・ロナを遠隔操作し、彼女が乗っている宇宙ステーションが地球に墜落するのを阻止します。

ローグライクということで「Gunfire Reborn」に似ています。こちらを見下ろし型のアクションにした感じですね。

他ローグライク系のゲームはこちらでもレビューしていますので、興味があればご覧ください。

メタリックチャイルド のゲーム概要

基本情報

タイトル:METALLIC CHILD(メタリックチャイルド)

開発元:STUDIO HG

リリース日:2021年9月16日

ジャンル:ローグライク、アクション

プラットフォーム:PS4、PS5、Nintendo Switch、Windows PC

値段:2,980円(STEAM版)

公式サイト:https://store.steampowered.com/app/1490610/METALLIC_CHILD/

STEAMより

『掴んで、投げて、壊す』ローグライト・コアアクション!! 宇宙船ライフストリーム号内で勃発した大規模な反乱。機械の少女――《メタリックチャイルド》ロナは産みの親であるアイリーン博士の乱行を止めるため、プレイヤーであるあなたの操縦のもと、巨大な敵ロボットの一団に立ち向かっていく。

https://store.steampowered.com/app/1490610/METALLIC_CHILD/

メタリックチャイルドのゲームの流れ

まず、本作のストーリーにも簡単に触れておきましょう。

2086年、科学技術の研究拠点である宇宙ステーション・ライフストリーム号が乗っ取られ、地球へ落下し始めました。その首謀者はアイリーン博士。彼女は、心を持ったアンドロイド「メタリックチャイルド」の研究に携わっている人物です。

メタリックチャイルドのロナには、彼女がそんな反乱を起こしたことが信じられません。ロナは落下を止めようとしますが、失敗して自身のコントロールも失ってしまいました。そんなロナに偶然通信が繋がったのが、地球上にいるプレイヤーです。ロナはプレイヤーの遠隔操作を受け、反乱の真実を知るために立ち上がります。

絶体絶命のロナと通信が繋がる

落下を止めるためには、ロナよりも後に作られたメタリックチャイルドたちが持つ「コアジェム」が必要です。コアジェムをめぐって、ロナは他のメタリックチャイルドたちに戦いを挑まなければなりません。

まずは、どのメタリックチャイルドと戦うのかを選びます。マップは基本的に4つの階層に分かれており、入るたびに形が変わります。4階層目の先にボスが待ち構えています。

挑むボスを選ぼう!

ステージの探索

ロナを操作し、敵を倒していきます。ステージは部屋と通路から成り立っており、敵は部屋の中だけに現れます。

部屋に入ると敵を全て倒すまで部屋から出られません。移動と戦闘を繰り返し、次の階層につながるポイントを目指しましょう。

部屋に入ると敵が現れ、扉がロックされる

ボスとの対決

ステージの最後に、コアジェムを持つメタリックチャイルドが待ち構えています。非戦闘型のロナと違い、戦闘型のメタリックチャイルドたちは攻撃力も段違いです。敵に合わせて戦い方を変えないと、勝つのは難しいでしょう。

ボスのファイラは炎を操り、敵を召喚しながら攻撃してくる

コア実験室(拠点)でできること

拠点では、ロナの強化やスキン変更、戦闘訓練にデータの閲覧などが行えます。集めたチップで基礎能力を上げておけば、クリアしやすくなります。

勝てないときは能力を底上げして再び挑戦しよう

メタリックチャイルドのおすすめのポイント/面白いポイント

カジュアルだが奥深い戦闘

シンプルなようで意外と考えることが多いのが、本作の戦闘の特徴です。覚えること自体は少なく、通常攻撃、必殺技、投げ技、回避という基本動作を理解していれば問題ありません。

にもかかわらず、戦闘は決して単調なものではありません。むしろ、状況が刻々変わる中で瞬時の判断が求められます。

例えば、通常攻撃ばかり使っていると、決定力不足で敵に取り囲まれます。投げ技を入れて敵を分断しつつ、必殺技で敵を倒していきたいところです。ただしこの2つは隙が大きいため、敵の攻撃が苛烈なタイミングでは使いたくない……というように、置かれている状況から最適な行動を判断する必要があります。

また、マップには様々なギミックが仕掛けられています。ギミックを有効に活用すると戦闘が一気に楽になることも。システムはシンプル、しかし戦術は適宜判断。一筋縄で行かないところが魅力的です。

右上の巨大ワームは敵にも攻撃する。投げ技で近くに吹っ飛ばすのが吉

バラエティに富んだコアシステム

ロナの強化には、コアというアイテムをインストールする必要があります。このコアシステムは、一定時間だけ効果のある「ミニコア」と、ステージ中で永続効果のある「スーパーコア」の二つで構成されています。

「ミニコア」は主に敵を倒すとドロップするものです。ロナの能力を強化してくれますが、中には「バグコア」や「ウイルスコア」と呼ばれるものが混ざっています。これらはロナの能力を制限したり、敵を強くしたり、はたまたUIの異常を引き起こしたりと厄介な結果を招きます。

バグコアの影響でスパム広告が表示されてしまった

しかし「バグコア」や「ウイルスコア」を拾わない方がよいのかというと、一概にそうとは言えません。なぜなら、「スーパーコア」の能力の入手には、「バグコア」や「ウイルスコア」をインストールすることで手に入る「バグデータ」が必要になるからです。

有益なコアか、害のあるコアか、装着してみないと分かりません。さらに、有益なコアばかり集めていても、より強力なスキルを手に入れることはできません。コアを取るのか、あえて見送るのか、プレイヤーの判断が試されるところも面白いポイントです。

スーパーコアの取得にはバグデータが必要

ビジュアル抜群!ロナかわいい!

何はさておき、ビジュアル面は一級品。小柄なロナが強大な敵に立ち向かう強い信念が、戦闘中に挟まれるカットインからも伺えます。もともと非戦闘用として開発されたロナが戦う姿に、感情移入してしまうこと間違いなしでしょう。

一方、拠点でしばらく操作をしないでおくと、カメラに向かって手を振るロナも見られます。感情豊かなロナの魅力がこれでもかと表現されています。ゲーム開始画面も必見です。

戦闘中のロナと拠点でのロナ

メタリックチャイルドの イマイチなポイント

ストーリー面では、キャラクターの掘り下げが物足りないのが少し残念でした。特にボスキャラクターはビジュアルがしっかり設定されているだけに、ストーリーに絡まないのが惜しいですね。DLCなどで追加シナリオがあるならば、期待したいところです。

戦闘ではジャンプも使えるのですが、いまひとつ使い所がありません(いちおう、攻撃を避けるためには使うのですが)。ジャンプを活用できる場面が多ければ、戦闘の幅がさらに広がったのではないでしょうか。

まとめ

難易度調整も絶妙で、ゲームが苦手な人のために無敵モードも搭載されています。気持ちのいいアクションで爽快にゲームを楽しみ人にもおすすめできる一作です。

気になる人はぜひお試しください。

管理人

他ローグライク系のゲームはこちらでもレビューしていますので、興味があればご覧ください。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です