【おすすめPCゲームレビュー】Apex Legends(エーペックスレジェンズ)

基本情報

タイトル:Apex Legends(エーペックスレジェンズ)

開発元:Respawn Entertainment

リリース日:2019年2月4日

ジャンル:FPS、バトルロイヤル

プラットフォーム:PlayStation 4、 Xbox One、 PlayStation 5、 Xbox Series X/S、 Microsoft Windows

値段:無料(PC版はSTEAMとOriginから配信中)

公式サイト:https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends

Apex Legendsは一言でいうとこんなゲーム

基本的に3人でチームを組み、合計60人20部隊に分かれて

バトルロイヤル形式で最後の1部隊になるまで戦う、基本無料のFPSです。

似たようなゲームに『FORTNITE』や『PUBG』と言ったものがあります。

Apex Legendsのゲーム概要

公式HPより

フロンティア戦争が終結した。IMCとミリシアとの間で繰り広げられた数十年に及ぶ武力紛争を経て、フロンティアとして知られる宇宙地域はついに安定の時を迎えることになった。

しかし、解放には代償がつきまとう。フロンティアの世界は戦争によって荒廃の限りを尽くし、約束された救援物資もやがては無に帰した。フロンティアの民は自活の術を失い、ここに残ったものは故郷を捨てることを余儀なくされた。そして、勇敢なる者はアウトランズへと住処を移したのだ。

フロンティアの周縁に位置する遠方の惑星群アウトランズは、戦火とは無縁であったため、資源と可能性に満ち溢れている。しかしここは人命が安く、到る所に危険が潜んでいる。開拓者、探検家やアウトローが果てしなき権力闘争に明け暮れていた時期もあったが時が流れ、新たな争いの場が設けられた。それがフロンティア中のレジェンドが富と名声と栄光を懸けて戦う血塗られた競技、Apexゲームだ。

https://www.ea.com/ja-jp/games/apex-legends/about

ゲームの流れ

基本的なゲームの流れを進行度ごとにわけて解説していきます。

開幕

チーム内で重複しないように好きなレジェンドを選ぶ

まずは使用するレジェンドを選びます。
それぞれ個性があり様々な役割を担えます。

ジャンプマスターではない場合は、行きたい場所にピンを指して知らせよう

レジェンド選択が終わると、ジャンプマスター(部隊の中から一人選ばれる)の操作で上空から任意の地点に降下します。

物資が美味しい激戦区に降りるか、物資にとぼしいけど敵が降りていかない安全な地点に降りるか。

ジャンプマスターのプランに委ねられます。

序盤

まずは物資を集めて戦闘準備。
降下地点が敵部隊とかぶってしまった場合は、アイテムを集めながらの戦闘になり、非常に忙しくなります。

ボックスの中からレアアイテムが出てくることも…

中盤

無事に序盤生き残り、一通り物資が揃ったらマップの安全地帯が円形に収縮していくので、エリア内で戦闘になった際に有利になれる場所を目指し移動していきます。

遮蔽物が無い所だと、スナイパーライフルの絶好の的になってしまいます。

建物や岩陰など、敵に撃たれてもすぐに隠れる事ができるルートを通って進行することがポイントです。

この段階だと、比較的長距離を戦える武器を持っておくと有利に戦う事ができます。

終盤

エリアの収縮により戦闘エリアがどんどん狭くなり戦闘が激化していきます。

最後の1部隊になり、チャンピオンを目指しましょう!

最後の1チームになるとチャンピオンだ!

Apex Legendsのおすすめのポイント/面白いポイント

今日本でのFPSプレイ人口のなかでも『Apex Legends』が多い理由を解説していきます。

個性豊かなレジェンド達

管理人が好きなレジェエンドのオクタン

レジェンドにはそれぞれスキルがあり、様々な特徴があります。
・索敵するスキル
・自分の移動が早くなったり、部隊全体を移動させるスキル
・爆撃、グレネード類を投擲するなどの攻撃スキル
・バリケードや罠を設置するスキル
・味方をシールドで守るスキル

これら以外にも様々なスキルがあり、自分のプレイスタイルに合ったレジェンド
を選ぶ楽しさがあります。

様々な作戦を立てる楽しさ

バトルロイヤルは撃ち合いの強さももちろん重要ですが、「位置取り」や敵同士が争っているところに「漁夫」を狙って戦闘を仕掛ける事が勝利への近道です。

「自分の部隊が有利な状況で戦うにはどうすれば良いか」
を常に考えて行動し作戦を立てる楽しさがあります。

通常のFPSに比べて死ににくい

『Call of Duty』『PUBG』『VALORANT』などのFPSは、ヘッドショット一発で死亡。
ヘッドショット以外の胴などにあたった場合でも数発あたっただけで死んでしまいます。

それに比べ『Apex Legends』はヘルス(体力)+シールドの概念があります。
そのため敵の攻撃を数発受けてもダウンしてしまう前に、物陰に走って逃げる程度の猶予があります。

それに加えシールドとヘルスが0になっても、味方部隊に生き残りがいれば「ダウン」となり、味方に蘇生してもらえるチャンスが残っています。

仲間がダウンしたら蘇生してあげよう。

回復アイテムも多く入手できるため、FPSの中では比較的に生存率が高くなる設定になっているゲームです。

戦闘に自信がなくてもチャンピオンになれる可能性はある

FPS初心者で戦闘が苦手でも大丈夫です!
例え自分が何もわからなくても、経験者の味方がいれば筆者のようなスコアでもチャンピオンになれる可能性はあります!

たまたまマッチングした仲間が最強な事もある

前述した「有利な位置取り」「漁夫」を意識するだけでもチャンピオンになれる可能性は十分にあります。

1試合ごとのテンポが良い

チャンピオンをとるまで生き残っていた場合は1試合約15分~分ほどなので、拘束される時間は比較的短いです。
序盤で全滅してしまった場合もすぐ次の試合へ行けるので、ついつい何試合もしてしまいます。

Apex Legendsのイマイチなポイント

ゲームの内容はとても面白いのですが、サーバーがダウンする事がよくあります。

バージョンアップの風物詩。twitterではエラー報告が飛び交う。

特に大型アップデートが入った時にサーバーが落ちるのはよくあることで
アップデート日から2~3日待たないとまともにプレイできないです。

それ以外にも時々ゴールデンタイム時にサーバーダウンすることもあり、サーバー増強をして欲しいと思う要望も多数出ています。

しかし大型アップデート時以外のサーバーダウンは迅速に対応してすぐ治るケースが多いので、運営のやる気が伝わってきます。

勝つためのコツ

チームの連携力が重要

敵に上手いプレイヤーがいたとしても、3対1で戦えばほとんど勝つことができます。チームの仲間と力を合わせて一緒に行動することがポイントです。

プロの試合を見るのも面白い!

Apex Legendsでは様々な主催者が大会を開いています。大会だと俯瞰視点の解説付きで見ることができるので、自分がプレイするときの参考にもなります。YouTubeなどで配信している事が多いので、眺めてみてはいかがでしょうか?

管理人

熱い試合を見た後は自分でもやりたくなりますね!

気になる方がいましたら、是非お試しください。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です