APEXと同じ価値観のFPS!【PCゲームレビュー】TITAN FALL 2

TITAN FALL 2は一言でいうとこんなゲーム

Apex Legendsと同じ世界観のゲームです。銃やキャラクターの動きがほとんど同じなので、楽しめると思います。プレイしておくと、次にAPEXに実装されそうな武器を予想しやすくなりますよ。

他シューティング系のゲームはこちらでもレビューしていますので、興味があればご覧ください。

TITAN FALL 2のゲーム概要

基本情報

タイトル:TITAN FALL 2(タイタンフォール2)

開発元:Respawn Entertainment

リリース日:2016年10月28日

ジャンル:FPS、RPG、マルチプレイ

プラットフォーム:PS4、Xbox One、Windows PC

値段:3,000円(STEAM版) ※EA Playで518円/月でプレイ可能

公式サイト:https://store.steampowered.com/app/1237970/Titanfall_2/

STEAMより

流れるような、ハイスピードな格闘。 タイタンフォールでのあなたのパイロットは、普通の兵士に比べはるかに優秀です。 壁を走り、建物から建物へと跳び、コーナーでダイブを決め、ジャンプからの宙返り。 動作の容易さは開放的で、この速さと自由さを感じたあとは、他のシューティングゲームにはもう戻りたくなくなります。

巨大なタイタンをコントロール。 君がパイロットとしてマップを走破しながら敵を倒すこともできるが、仲間のタイタンを呼んでパワーアップしよう。 タイタンに護衛、制圧射撃を命令するか、コクピットに乗り込んでタイタンの分厚い金属の装甲のなかからライバルを射ち払おう。 タイタンに違う武器を装備して、君の兵士としてカスタマイズすることもできる。

https://store.steampowered.com/app/1237970/Titanfall_2/

TITAN FALL 2のゲームの流れ

基本的なゲームの概要と流れを紹介します。

世界観

人類が宇宙進出できるようになった近未来、未開拓の星をフロンティアと呼び、地球に似た環境のフロンティアを巡り、二つの勢力が争い合う世界。

主人公のジャック・クーパーはそのうちのミリシアと呼ばれる勢力に所属します。

本作ではパイロットと呼ばれる兵士と、タイタンと呼ばれるロボットが活躍する話で、時には搭乗して、時にはオートパイロット状態のタイタンと共闘するストーリーです。

かっこいいデザインのタイタンだ!

歴戦のパイロットであったラスティモーサ大尉から譲り受けたパイロットスーツを身に着け、大尉の愛機であったBT-7274と呼ばれるタイタンを起動させる所から話は始まります。

フロンティアを取り合う二つの勢力

The Interstellar Manufacturing Corporation(IMC)

ハモンド社と呼ばれる天然資源を抽出する小企業が前身となり、激化するフロンティア開拓と、戦争によるタイタンの需要の増加により、大企業に発展していきます。

1世紀の間に買収や吸収合併を繰り返し、ハモンド社から恒星間企業IMCへと名前を変え、軍事力を用いてフロンティアを実質的に支配しようとしている。

The Militia(ミリシア)

フロンティアシステムの領土防衛協定を代表として成立している軍事勢力で、基本的にはフロンティアへの入植者や傭兵、有事の際の市民平等が集まった団体でしかないが、幾つかの大きな旅団があり、IMCにとって障害となり得る軍事力を保有している。

前作では負け続けの中、デメテルというフロンティアで戦果を上げた為、今作では多くの志願兵が集まっています。主人公であるジャック・クーパーも志願兵のうちの一人です。

パイロットとタイタン

パイロットは一般兵士とは異なり、多くの技能を持ち、タイタンの搭乗技術も持つエリートの事を指します。

ウォールランもできる!

垂直の壁を走り、ジェットパックを用いての2段ジャンプ、グラップリングフックを用いてのワイヤー機動等、様々な技能を使用する事で戦場で活躍します。ゲーム内テキストによれば、パイロット候補生の98%が命を落とすともされ、戦場においては敵、味方関わらず畏怖、畏敬の対象となっています。

優れたパイロットは生身でも脅威であり、対タイタン戦であっても半壊、および破壊する事ができる程で、戦術解析での評価値がタイタンとパイロットを5:4と判定する程です。

壁に寄りかかっているのがラスティモーサ大尉、出撃前のチュートリアルをしてくれる。

トレーニングルームでウォールラン等の訓練を最初に受ける事ができ、NPCの記録に挑む事もできます。3位までに入る事ができれば、自分が思っているより難易度を上げても問題ないかもしれません。

タイタンの種類

装備を選ぼう!

タイタンはロードアウトによって武装が変わります。それぞれに特徴があり、自分にあったロードアウトを使う事が重要です。

また、敵が扱うタイタンも上の写真にあるロードアウトのどれかが適応されているので、敵に合わせて変えていくのもよいでしょう。

主人公はBT-7274を受け継ぎ、戦場となる辺境惑星のタイフォンで活躍していくことになります。

キャンペーンモードではその時々でロードアウトを変えられるが、マルチプレイでは設定したロードアウトのタイタンを、その場で任意の場所に呼び出す事ができます。

マルチプレイ

TITAN FALL 2にはストーリーを楽しめるキャンペーンモードの他に、2つの陣営に分かれて戦うマルチプレイもあります。

プレイヤーは最初に銃や戦術スキル等をプリセット登録し、使用するタイタンのロードアウトを選んでからゲームを始めましょう。

チャージライフルやRE-45を装備できる!

この辺りはCoDシリーズやBFシリーズをやってる人には慣れ親しんだ設定だと思います。

マルチプレイをプレイしていくと貰えるポイントを使い、武器やスキルといった要素をアンロックして自分好みのプリセットを作りましょう。

マルチプレイのゲームモードは多岐にわたり、基本的なのは消耗戦になります。

これは6vs6のチーム戦で先に650ポイントを先取するか、15分時点でポイントが多いほうのチームが勝利です。

プレイヤー以外にも歩兵・スペクター・ストーカー・リーパーといったNPCも戦場に現れ、敵プレイヤーを攻撃する。勿論、これらを撃破してもポイントは入手できるので、対人戦がうまくいかなくても自軍に貢献する事ができます。

TITAN FALL 2のおすすめのポイント/面白いポイント

TITAN FALL 2とナンバリングはあるが、ストーリーを進めるキャンペーンモードは今作から実装されました。1はマルチプレイのみで、その中で少々ストーリーが分かる程度でした。

2では打って変わって濃密なストーリーを体験する事ができます。

AIでありながら、どこかユーモラスなBTと戦場を駆けていくと、段々バディ物の相棒の様に感じていくことになるでしょう。

TITAN FALL 2の イマイチなポイント

マルチプレイはリリースから時間が経っているのもあり、ベテランパイロットばかりで、新米パイロットが活躍するには厳しい訓練が必要です。

ただ上記で触れているが、敵陣営のNPCを倒していくだけでも貢献できるので対人よりも、戦場全体を見て作戦を立てて行動する人には今から始めるのも悪くないのかもしれません。

まとめ

APEXと同じ世界観のFPSです。

気になる人はぜひお試しください!

管理人

ほかシューティング系のゲームはこちらでも紹介していますので、興味があればご覧ください。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です