競技シーンが非常に熱いFPS!【PCゲームレビュー】VALORANT

VALORANTは一言でいうとこんなゲーム

『VALORANT』エージェントと呼ばれるキャラクターをベースにした5対5の無料FPSゲームです。

似たようなゲームとしてはCS:GOやレインボーシックスシージなどがあります。

他シューティング系のゲームはこちらでもレビューしていますので、興味があればご覧ください。

VALORANTのゲーム概要

基本情報

タイトル:VALORANT

開発元:Riot Games

リリース日:2020年6月2日

ジャンル:FPS、マルチプレイヤー

プラットフォーム:Windows PC

値段:無料

公式サイト:https://playvalorant.com/ja-jp/

公式サイトより

グローバルな競技の舞台で、自らのプレイスタイルと経験が試される。精密な射撃と戦術的なアビリティーを駆使して、アタックとディフェンスの各13ラウンドを戦い抜け。ラウンド中のリスポーンは無い。生き残るためには、相手よりも素早く思考する必要がある。コンペティティブモードとアンレートモード、さらにデスマッチとスパイクラッシュで強敵に挑もう。

https://playvalorant.com/ja-jp/

VALORANT のゲームの流れ

基本的なゲームの流れ、ルールを解説します。

ゲームモード

このゲームには現在6種類のゲームモードが実装されています。
ここでは、主に遊ばれているアンレートの流れを解説します。

まずはアンレートをプレイ!

チュートリアルが完了したらまず、アンレートのマッチングをスタートしましょう。
上のタブのゲームモードをアンレートにし、スタートを押すことでマッチングを開始することができます。

自分のレベルが上がれば、マッチングする敵も強くなるので積極的にプレイしていきましょう。

好きなエージェントを選ぼう!

ゲームがマッチングしたら自分の使用するエージェント(キャラクター)を1体選択します。

エージェントにはそれぞれ重要な役割があります。

クレジットが足りる範囲で自由に武器、アビリティを選択できる。

ゲームが開始したら自分の武器を購入キー(B)で購入します。

このゲームでは1ラウンド毎にクレジットと呼ばれるゲーム内のお金がもらえ、それを使用して自分の武器やスキルを購入して戦います。

よって、クレジットシステムが重要となってくるゲームになっています。

スパイクと呼ばれる爆弾をサイトと呼ばれる設置場所に置く攻め側とそれを阻止する防衛側に別れてゲームをプレイします。ラウンドの中では、エージェント特有のアビリティを使いながら爆弾の攻防を行います。アビリティにはチームメイトと組み合わせる事でシナジーを発揮するものもあります。個人で戦うよりは、仲間の近くで一緒に戦う事を意識するといいでしょう。一緒にプレイする友達がいれば、ボイスチャットをしながらプレイする事で勝率がグンとアップすると思います。

先に13ラウンド取ったチームが勝利となります。

ランクを付ける

慣れてきたらコンペティブをやってみよう!

アンレートで10勝するとコンペティティブをプレイすることができます。

コンペティティブでは自分のランク帯を知ることができ、同じ位の相手と戦い、自分のランクを上げることができます。

ランクを上げることで、更に強い相手や武器につけるバディ等、バッチがもらえるので上位ランクを目指してプレイしましょう。

ランクを上げる事で成長を実感できる。

ある程度なれてきたら上位500人のレディアントを目指しましょう。

VALORANT のおすすめのポイント/面白いポイント

5対5というシンプルなゲームモード、エージェントなどにより深い作戦、チームのエージェント構成で守り方、攻め方が変わるといったゲームシステム。
ルールはシンプルだけど奥が深い、という点がこのゲームの面白いポイントです。
又、ルールがシンプルなので誰でも始めやすい、というところがおすすめできるポイントです。

モバイル版がリリース予定

現在VALORANTではモバイル版の開発が進められているそうです。
近いうちにモバイル版もでき、更に盛り上がるゲームになるに違いありません。

公式大会が盛り上がっている!

プロシーンを見るのも面白い!

VALORANTには現在Riot Games公式が主催している誰でも出ることができる、VALORANT Champions Tour (通称VCT)という世界大会があります。
VCTでは年中試合があり、国内予選で上位成績をのこしたチームは海外で各国の代表チームと戦い、世界一位を目指す大会になっています。

直近のVCTでは100万人の視聴者(ソース)がおり、世界的に盛り上がっているゲームとも言えます。ハイレベルな戦いを見て、作戦を真似るということも上手くなるための方法にもなっていることだと言えます。

VALORANTのイマイチなポイント

ゲームがリリースされて1年程経つものの、ゲームクライアントに不具合があり、まれにゲームが音沙汰なく落ちてしまうところ。
プレイヤーが多いが故に、暴言を吐くマナーの悪いプレイヤーが一定数居ることです。

まとめ

現在、非常に盛り上がっているFPSゲームです。

気になる人はぜひお試しください。

管理人

ほかシューティング系のゲームはこちらでも紹介しています。興味があればご覧ください。

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です